IMG_0210.HEIC
IMG_0198.HEIC
IMG_2392.HEIC
林業事業について
​岡山県北部を中心に、自社山の皆伐、間伐を中心に行っています。
津山総合木材市場、岡山県森林組合へ
切り出した木材を出荷しています。
クヌギやコナラなど、原木椎茸の材料になる木は、
自社のソーラーシェアリング事業で使用しています。
岡山県は、桧の出荷量日本一を誇っており、
弊社が活動拠点を置いている岡山県北(津山市加茂町)は、
美作桧の産地として、旧町面積の9割が山林、
そのうち8割を植林しています。
伐木を迎えて材価の低迷により、
山から人が減り過疎の町から限界集落へと変わりつつあります。
​材価の推移は、昭和57年をピークに下落し、
昔は1㎥が7万円台が、現在では1万2千円になっています。
​先人が苦労して育てて守ってきた大切な資源を
活かしたいという想いを大切に活動しています。